2018/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


 

大阪 中之島、デザイン&リビング祭りの最中・・

緑を求めてふらふら・・と。

たどり着いた場所は八瀬 !! 

なーんだ、近いやん・・と、あなどるなかれ。

八瀬は昔懐かしい 古き良き京都が堪能できる・・

ナイスプレイスなのですぞ!!! 


小さい頃に八瀬の小川で遊んだなぁ〜・・と、朧げな記憶を頼りに辺りを散策。


もう・・のっけからレトロ感120%!!!

向かい側にこれまたレトロな売店があってですね。

ここはもう和菓子とお茶なんぞ頂きたいなぁ・・と寄ってみれば。

オール漬け物。漬け物オンリー。

店の真ん中にちっさい椅子が置いてあるのですよ。

でも誰も座ってない。

側にボール紙で作った看板が・・


「おばあちゃんは女子会参加のため帰りました」


 !!!!!


ええっ?! 女子会!!

なにそれ。すげえ参加したい!!(誤)


名物おばあちゃんはお留守のようでした・・


駅舎の裏もレトロ。

赤提灯の通りを川の方へ歩いていくと・・


薮の向こうにひっそりと旅館が見えます。

水の流れがないので、水面がきれい。



八瀬に来たのは実はもう一つ目的がありまして・・

いつもお世話になっている、下鴨神社の神様が降り立つ場所。

「御蔭神社」へお参りに行きたかったんです。


道なき道を進みます。

この道を見つけるまでも、道がなかった。(笑)

でも、誰もいないのに丁寧に芝が刈り取られていて・・

特別な場所なんだな、と思わせる雰囲気たっぷりです。

夕暮れ時に行ったので・・山の中で心細くなり・・

途中の看板に見つけた「下鴨神社」の文字に勇気づけられました。

「火気厳禁」みたいな看板でしたけど・・




やっとこさ、無事にたどり着き・・

念願かなって御参りする事ができました

天からこの場所に降り立った神様を、下鴨神社に御迎えするそうで・・

なんとも神秘的です。

来年五月の御影祭がたのしみだなぁ・・


そして、八瀬にはこの他にも気になるものがいっぱい・・

また日を改めて、散策にこよーーっと。

JUGEMテーマ:京都
JUGEMテーマ:パワースポット


 
暑いですね・・

祇園祭も終わり・・

関西も梅雨明け。夏真っ盛り!!!!

・・って言ったのダレですか?!

もうこんな絵文字→  にすら涼しさを覚えるわ!!!!


で、このうだるような暑さと風神雷神大決戦 !!並みの夕立 

から逃れるべく・・


否、逃れようとしてさらなる秘境へ舞い込んだ感たっぷりの・・


京都北部探訪。


山を越え・・

谷を越え・・

また山を・・(以下略)


をひたすら繰り返し。走る事数時間。

もう県2つくらい跨いだんじゃないかと標識見れば・・


「京都 左京区」


!!!!!!! 


は?まだ京都?!!! 

てか左京区?

どんだけ広いの左京!!!!! 


京都は異次元。

ドラ◯もんの四次元ポケット的な、

何かそんな不思議空間・・


しかもさっきから同じとこグルグルまわってるよ〜・・

さっきも通ったよ〜・・

気のせいか〜・・


山の神様のバチが当ったのか、ドラ◯もんの悪戯か・・


驚くほど辿り着かない。


そのうち山道名物「車酔い」がLouxを襲い・・

もうどうにでもしてくれーー・・

と全てを投げ出しそうになったその時。


やっとこさ見えて参りました・・

集落が  !!!



本日の目的地。

「美山」到着




いやーー・・

それにしても・・


見渡す限り、山、山、川、そして田んぼ!!!!

なかなかのロハス景観。


お家は茅葺き屋根が多く、まさに昔話の世界。


昔々・・

おじいさんが山に芝刈りに行き・・

森の中で出会うのは・・


仙人!!!! 


はい、だれですかー。

鬼とか言った人。

減点ですよー。


この日Louxは何をしに来たかというと・・

京都北部に住んでいるという・・

伝説の仙人に会いに来たのですよ。


その昔、海を渡り・・

遠い西の国から日本にやって来て。

雨の日も風の日も・・

山の谷間にこだまする笛を吹き続けている。

その音色を一度でも耳にした人々は仙人の虜になり・・

まさに生ける伝説!! 美山の魔術師!!


それが・・

この人だ!!!! 




ドイツから海を渡り・・

美山に住むこと数十年・・

お能の修行  を経て、日本人より深く・・

日本を理解し、文化を愛する超賢人。

尺八の達人ウベ・ワルター氏 !!!!


しかし、ウベ氏のすごいところはこれだけじゃない。

彼は片時も楽器を手放さず・・

彼の移動オフィス(車)は楽器でいっぱい。

移動オフィス(車)はいつも音楽でいっぱい。

何かしらのメロディー(生演奏)が溢れてます。

その音楽が止むことはなく・・


美山の谷間で・・

京都の市街地で・・

渋滞の信号待ちで・・


ウ、ウベさん、前見て前!!!!

なぁんて事も多々あり・・。


この日もご自宅を訪ねると、移動オフィス(車)から、

颯爽と登場!!!!!

「Louxさん!!」

と満面の笑顔で迎えてくれるウベさん。

いいなぁ。いつ会っても好きだ。この笑顔。




この日は今月28日に行う、建仁寺でのコンサート

「57億年のソネット」の為の写真撮影。


最近の美山の近況を聞きながら・・

やはり尺八を演奏されてる姿で撮影したかったので、

田んぼが一面に広がる谷間で吹いてもらいました。




風に乗って響く尺八!!!

山々にこだまして、

遠くの空まで音が飛んでいきそう・・!!

まさに天然のコンサートホール状態・・


和の楽器って、間合いとか、息づかいがとても繊細。

ウベさんが「フウッ!!」と尺八に息を吹き込む音が。

竹の楽器を通り抜けて、流れる旋律が。

まるで生きているかの様・・

楽器と人とその場所との一体感を感じます。


そしてこの日撮った究極(?)の1枚を使って作ったDMがこれだ!!




いやぁ〜・・


渋い!!!!  格好良すぎるよ。ウベさん!!!!


28日はウベさんの友人の演奏家さんが来日され・・

尺八 + サックス + 25弦筝 + パーカッション

という異色の組み合わせ。



こりゃあ、何が起こるかわかりませんなぁ・・(涎)



会場の建仁寺も祇園のどまんなかにある、京都屈指のお寺。

あの俵屋宗達の「風神雷神図」が伝わっているという・・

当日は素敵な建仁寺のお庭を通って会場に入れる 


Louxは今から楽しみで仕方ありません!!!!

夏の京都を満喫しましょう!!!!



7月28日(土)open 17:30 start 18:00

「五十七億年のソネット - ウベ・ワルター&フレンズ 建仁寺ライブ」

出演 : ウベ・ワルター(尺八)かりん(25絃箏)
ゲルト・アンクラム(サックス)ベアテ・ガテュシャ(パーカッション)

チケット: 前売3000円 当日3500円

会場 : 建仁寺 禅居庵

〒605-0811
京都市東山区大和大路通四条下る四丁目小松町146

最寄駅:京阪祇園四条駅 徒歩7分・阪急河原町駅 徒歩10分
市バス:京阪四条南座前・東山安井・清水道から徒歩7分


※当日、大和大路側からはお入り頂けません。建仁寺のお庭からお入り下さい。


お申し込み
TEL 080-5710-9526
(メニューバーの「御予約・御問い合わせ」より、必要事項を記入し送信して下さい。)

JUGEMテーマ:クラシック音楽JUGEMテーマ:ジャズJUGEMテーマ:創作活動JUGEMテーマ:日記・一般


 

朝目覚めると・・


小降りの雨に吹き付ける風 


ああ、そういえば台風来るんだったなー・・


と眠い目をこすりながら外に出ると・・


茶色いボディーに平たいカラダ。
ちいさな手のひら五本指。
しかしなかなかでかいぞ。体長1メートル越。

こちらに気付いてちょっとだけ首をあげ・・

つぶらな瞳と目が合った!!!!!!


こっ、これは・・


オオサンショウウオ !!!!! 


「やっべ」


とばかりに悠然と来た道(川)を引き返すサンショウさん・・

しかし、勢い余って流れてきたのか、行く手には堰が。


よいしょっと、よじのぼるも・・(遅)


扁平ボディーが仇なして「バッシャーン!!!」


落ちるはひっくり返るは悪戦苦闘・・


か、帰れるの?!! サンショウさん!!!!????


逆上がりの出来ないクラスメイトの背中を押す様に・・

サンショウさんを後ろから抱き上げようか(誤)とも考えたのですが。


それはあまりにもナンセンスかつビミョーだと気がつき、

すんでのところで思いとどまる 。


サンショウさんはこちらの様子が気になるようで、

邪魔しちゃいけない!! とLouxは一旦、自宅の陰に。


しかし、いてもたってもいられず、そーっと戻ってみたら・・


サンショウさんはいなくなって、いつも通りの川が流れておりました。


無事に帰れたのだろうか・・

てか、どこからやってきたんだろう・・


想像と疑問が渦巻く中、台風は無事通り過ぎ・・

なんだかちょっとファンタジーな朝の想い出 が残りました。


あのオテテに触れてみたかったな・・



JUGEMテーマ:日記・一般